エーデル英語教室☆ブログ(札幌市白石区)

札幌市白石区の小学生・中学生のための英語教室です。幼児英語クラスもやっています。 ブログの他、INSTAGRAMなどSNSで教室の様子を発信中!ぜひご覧ください。

札幌市白石区の英語教室エーデルです。
幼児、小学生、中学生英語クラスがあり、レッスンの様子を紹介しています。
札幌市白石区 本通14丁目南2-10/TEL 090-9528-2814

Pizza (ピザ)の食べ方

こんにちは。札幌の英語教室、AdELです。
昨日のスパゲッティに続き、ピザの食べ方のお話です。
.
その前に・・・
Pizza の正しい英語の発音は、píːtsə】で、ピー とのばします。
中学・高校の先生の多くは、正しく発音していません。
ピッツアはイタリア語で、英語ではありませんよ。
.
ちなみに、
アメリカ人でピッツアと言う人がいますが、それは
彼らが挨拶で使う、チャオ(イタリア語)と同じ感覚で使っているようです。
 .
前置きが長くなりました。
イタリアのレストランで、ピザを注文すると、ナイフフォークが出されます。
生地が厚くないので、ナイフフォークを使わなければ食べにくいのですが、
手ではなく、それらを使って食べるのがマナーです。
芸能人のイタリア情報番組などで、ピザを手で高く持って、
大きな口を開けてピザを受けるように食べるのを見たことがあります。
これは、かなり恥ずかしい光景だと思います。
ファストフードなら手でもOKですが、(プラスチックのナイフとフォークが用意されています)
上を向いて大きな口を開けないように
テーブルにナイフフォークがセットされたら、ちゃんと使って食べて下さいね。
.
あと、イタリアではピザにタバスコはかけません
そのまま食べるか、かけても、オリーブオイルです。
アメリカでは、砕いた赤唐辛子をかけ、タバスコはありませんでした。
.
余談ですが、日本人観光客が団体で訪れるイタリアのレストランでは、
日本人がタバスコ!タバスコ!と言うので、置いているところもあるらしいです。
.
どうしても辛みが欲しい方は、
唐辛子入りのオリーブオイルを頼めば良いと思います。
これは、日本の本格派のイタリアンレストランにもありますよ♪
.
個人的な感想ですが、タバスコには酸味があるので、
パスタやピザにかけると、味がタバスコ味になってしまうように思います。
同じように感じている方、いらっしゃいますか❓